ホーム>レザータイプカバーのお手入れ方法

レザータイプカバーのお手入れ方法

レザースマホケースのお手入れ方法

レザースマホケースのお手入れ方法

20141017112514.jpg

最新のiPhone7、iPhone7Plusが発売されましたが、現在は自分の好みにあわせて機種を選ぶ傾向があり、iPhone6s、iPhone6sPlus、iPhoneSE、iPhone5sなどのユーザーが多く、スマホライフ自体が多種多彩となる中で、遊びに使えるだけでなくビジネスに必須のアプリや機能も豊富になりました。ビジネスシーンでご利用になる機会の多い方々の間で人気なのが、レザー素材のスマホケースです。 こちらではレザー素材のお手入れ方法をご紹介いたします。

乾拭きは欠かさず

スマホケースに良く使用される素材の中には水や湿気に弱いものもあります。ケースを長持ちさせる事を考えた際に、過度の湿気や水分は傷んでしまう原因となります。水はねなどを直ぐに拭き取るだけでなく、拭き取る素材も完全に乾いたもので乾拭きが原則となります。 拭き取る際には、繊維が柔らかくて細かいマイクロファイバー素材の布地がお勧めです。最近ではマイクロファイバーの雑巾なども販売されていて、水分だけでなく、汚れも簡単に落としてくれます。

 

保湿クリーム

レザータイプ素材は折り畳みや折り曲げが頻繁な箇所ほど直ぐに皺がよってしまいます。皺ができるメカニズムは人間のお肌と同様です。人間のお肌はハリや元のふっくらとした形状を維持するために水分が欠かせません。細胞1つ1つが水分を十分に保っている事によって、皺を防ぐことができます。つまり、革素材にとっては過度の乾燥も素材を傷めてしまう原因の1つです。 革素材にとって直接の水気は厳禁のため、専用の保湿クリームを塗りこむ事で過度の乾燥を防ぐようにしましょう。

 

消しゴムを使ってみる

スマホカバーを使用していると、いつの間にかカバーの端が黒ずんでいる事はありませんか?スマホカバーだけでなく、鞄や洋服でもレザー素材のアイテムには多いお悩みだと思います。 そんな時に役立つ日用品が消しゴムです。消しゴムは表面に付いた汚れをゴムの強い吸着力により吸い取る力があります。最近では革素材専用の汚れ落とし消しゴムもありますが、市販の文房具用消しゴムでも十分に汚れ落としに活躍してくれます。ただ、最近では塩化ビニル素材のよく消える消しゴムで、プラスチックにキズを付けてしまうものもあるので注意が必要です。

 

最近ではスマホケースをファッション、自己表現の1つとして捉えている方も多いです。レザー素材のカバーは大人の男性でも楽しむ事ができるスマホのおしゃれとして注目度も高いのではないでしょうか。特に本革ファッションは、近年特に人気が高まっています。さりげないおしゃれとして着せ替えを楽しんでみるのも面白いと思います。

ページ上部へ